1月10日付けで渡航要件の変更があります。

当院は中国領事館指定検査施設です。中国総領事館指定の証明書を発行させていただいています。中国政府は渡航の2日前までのPCR検査、抗体検査を求めています。今回の変更としてIgM検査に関して静脈採血が必須になり、検査方法も指定されていますが当院は適応した検査で行っております。またPCR検査の検体採取も鼻咽頭ぬぐい液が必須となっています。フォーマットも変更になっていますが領事館指定のフォーマットを使用しています。

渡航日前日の20時までに陰性証明書を大使館にuploadする必要があります。12/1の出国の方からご注意ください。火曜発は当日11時まで。

20時までにuploadが必要なため、11月30日から午前の検査で中国渡航の方限定で17:30に証明書を発行いたします(できるだけ早めの時間に受診ください)。渡航前日もしくは前々日にお越しください。

<検査可能時間>
午前診察は10時から13時
午後診察は16時30分から21時です(午後診察の場合は翌営業日の17時30分に発行します)
<費用>
1名様につき40,000円(PCR検査、抗体検査(IgM)、証明書の発行料金、消費税などすべて込み)
<付記事項>
・未就学児の検査も可能ですが費用は大人の方と同様です。
・今回の変更で4歳以上の子供にも静脈採血が必要です。暴れるなど危険と判断した場合は検査ができないことがあることをご了承ください。
・誤配送、遅延で受け取りが困難になることを防ぐため原則郵送での証明書の発行は承っていません。遠方の方で郵送でのリスクを受容される方はレターパックを持参いただけたら郵送も致しますがおすすめしません。原本が不要であればPDFファイルでメールにて送信することは可能です。しかし検査結果が出る日の22時過ぎとなります。
・やむをえない事情がある方は証明書引換証を持参頂ければ代理での受け取りは可能です。