当院は中国領事館指定医療機関です。

PCR検査+中国指定フォーマットによる陰性証明書の発行が可能です。

当院から発行された陰性証明書をご自身でuploadをお願い致します。

2022年2月28日(当日含む)より日本から中国へ渡航する際、現在行っている「PCR検査+ダブル検査」を廃止し、搭乗予定日の7日前に行うPCR検査(以下「予備検査」という)+搭乗予定日の3日以内に2つの指定検査機関で24時間以上間隔を空けて別々に行うPCR検査(以下「交差PCR検査」という)に変更されました。

➡日本から渡航する際、新たに搭乗予定日7日前のPCR検査と検体採取日から7日間の健康観察が必要に(2022年1月19日~)

  

<中国の渡航ルールについて>
1、「予備検査」:搭乗予定日の7日前にPCR検査を行ってください。検査日の計算方法は「搭乗予定日−7=検査日」となります。
2、「健康観察」:検体採取日から7日間(搭乗の前日まで)の 健康観察 及び 自己健康状況観察表.docx の記入が必要となります。
3、「交差PCR検査」:搭乗予定日の3日以内に2つの指定検査機関で24時間以上間隔を空けて、別々に2回のPCR検査を行ってください。
4、搭乗予定日1日前20:00までに、健康コード申請書類をまとめてアップロードしてください。   


<検査可能時間・証明書発行時間>

※日祝日は7日前PCR検査のみ可能です。10:00~12:00の検査で翌日19:00以降に証明書を発行


<費用>
25,000円(PCR検査、証明書発行、消費税などすべて込み)


<付記事項>
・未就学児の検査も可能ですが費用は大人の方と同様です。
・お子様の検査も可能ですが、暴れるなど危険と判断した場合は検査ができないことがあることをご了承ください。
・誤配送、遅延で受け取りが困難になることを防ぐため原則郵送での証明書の発行は承っていません。